飲食での仕事内容

飲食関係での仕事について


トップ

もっと情報一覧

飲食関係の求人に向いている人

飲食業界一般に飲み食いをする店のことを指し、正社員もアルバイトも含めて比較的求人の多い業界です。業務形態は幅広く、レストラン、ファーストフード店、食堂、喫茶店など飲み食いをする場所を飲食業界と呼びます。仕事内容は大きく分けると2種類の仕事に分けられます。1つは接客全般や配膳、レジ等を任されるホールスタッフで、接客サービスが中心となるホールスタッフに求められるものは、一般的なマナーが身に付いていることやコミュニケーション能力に優れていることです。もう1つはキッチンスタッフで、実際に調理をする正社員には調理師や栄養士の資格を持った人が優遇されますが、アルバイト求人の場合は調理補助やその他の庶務を含める仕事が任されることが多いため、要領良くなんでもこなせる人や、体力のある人等も歓迎されます。

飲食業のお仕事は沢山有ります

飲食業界の求人件数は数多くあります。日本全国には70万店ほどの飲食店があります。約400万人を超える人が働いています。自分の住んでいる地域での仕事も多数あります。新規出店やオープンにより、仕事案件も増えています。短期から長期、アルバイトなどの求人が多数あります。ネットなら日本全国のお仕事が検索応募できます。土曜日や日曜日など休日だけの繁忙期の仕事もあります。連休中や夏休みなど長期間のアルバイトから、海の家などのように期間限定のお仕事もあります。調理師だけじゃなくウェイトレスやウェイターなど、未経験者でもレストランなどで働くことができます。